「AutoCADのデータ関連」の記事一覧(2 / 2ページ)

拡張子とは何なのか?

今回は拡張子についてお話しします。普通は「かくちょうし」という読み方をします。

拡張子とは何なのかというと、ファイル名の後ろについているアルファベットで、.(ピリオド)から右側にある3~4文字程度の組み合わせのことを指します。

オートキャドのデータ

オートキャド(AutoCAD)で作図を始める前に、作図者として必ず知っておかなければならない重要なポイントがあります。それはデータについての知識です。

…と言っても、別に身構える必要なんてありません。それほど難しい話ではなくて、ワープロとか表計算ソフトとかと同じレベルの話ですから。

パソコンを使って作業をするのは、基本的に手でやる作業の代わりという事になります。これは今までに何度もお話ししてきたと思います。

オートキャド(AutoCAD)で図面を描くこと、ワープロで書類を作ること、等々…。様々な作業の中で、コンピューターの得意とする部分をやってもらっている訳です。

コンピューターの得意な部分とは、単純な作業でも飽きずに、間違いなくその作業をやり続けるという部分です。

きちんとした指示を出してあげれば、コンピューターは人間の能力を大きく上回る成果を出すことが出来ます。

もちろん良い部分があれば、その反対もあります。ですが、メリットとかデメリットとかの細かい話ではなくて、今回はもっと根本的な話をしたいと思います。

前置きが長くなりましたが、今回はオートキャド(AutoCAD)のデータについて、基本的な事をお話します。

オートキャド(AutoCAD)を使いこなす為には、データについてある程度は知っておかなければならないので、この際覚えてしまった方が良いと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ