「作図前の設定」の記事一覧(2 / 3ページ)

知らないことの恐ろしさ…

なかなか前に進んでいきませんが、ひとまずオートキャド(AutoCAD)には「メートル系」と「インチ系」が存在するという話まで進んできました。

まだ先は結構ありますが、ここで一息入れましょう。

まだまだいける!どんどん進みたい!という方はそのまま次に進んで頂きたいと思います。

インチとメートルの違い

前回は線のピッチの調整方法として、グローバル線種尺度の設定についてお話ししました。

この尺度を設定して、印刷された図面できちんと線種が判別できるようにする、という考え方です。

でも、ここで「尺度の単位は何になっているか」という点について考えて頂きたいと思います。

線種尺度という設定

前回までの説明で、オートキャド(AutoCAD)で作図した線をようやく一点鎖線に替えることが出来ました。

でも、実際にやってみた方の中には、「線種を変えたのに、どう見ても実線なんですけど…」とか「一点鎖線にはなっているけど、ちょっと細かすぎ」とか思った方は、かなり多いのではないでしょうか。

練習用の図面を見ながら今までの説明通りにやってくると、ほぼ間違いなくそう思うはずです。

これは説明が不足してるということではなくて、順序を追って説明しているだけですから、どうか最後まで読んでくださいね。

一点鎖線が実線に見えてしまう原因はいくつかありますが、考えられる原因のひとつとして、今回は線種尺度についてお話ししたいと思います。

プロパティ管理に慣れよう

前回まででオートキャド(AutoCADを使って線種のロードが出来るようになりました。でもロードしただけではまだ半分ですから、今回は線種の変更方法についてお話ししたいと思います。

さんざん「実践しよう」とか言いながら、いまだに通り芯から全然進んでいないですね。中には「このままのペースで良いのか」と不安に思う方もいるかも知れません。

…でも心配しないでくださいね。この段階ではあまり焦ってもしょうがないですから。

今回の目的は早く作図することじゃないんです。練習用に用意したこの図面をどういう手順でまとめていくか。これを理解することが重要なんです。

何度も言いますが、基本が重要です。

もちろん説明の通りにやってみることは大切ですが、それよりもさらに大切なのは、あなた自身がオートキャド(AutoCAD)のコマンドをしっかり頭に入れることです。

だからここでは急がないで、(のんびりではなく)じっくりと行きましょう。

急いで知識を頭の中に注ぎ込むのではなく、じっくりと知識を染みこませていく方が、結局は早かったりします。

いまあなたがやるべき事は、そんなに急ぐことではなくて、ひとつひとつ確実に覚えていくことですから。

色々な線種を使う方法

前回から、オートキャド(AutoCAD)を使って実際に通り芯を描く手順についてお話をしています。

その際に出てきた疑問のひとつとして、まずは直交モードの存在をお話ししましたので、今回は線の種類についてですね。

線の作図と直交モード

少々脱線した部分もありましたが、面倒でわかりにくい縮尺の説明がだいたい終わりました。

今回からはようやく、次のステップに進むことが出来ます。

とは言っても先はまだ長いですから、腰を据えて進んでいきましょう。

オートキャド(AutoCAD)の操作と直接関係はありませんが、図面の作図にあたっては結構重要なことを今回はお話しします。

図面枠が果たす役割

前回は「オートキャド(AutoCAD)の図面が実際にどこまで印刷出来るのか」という印刷範囲についてお話しました。

では、図面が印刷できる範囲のぎりぎりには、何を作図すればいいのでしょうか。サンプルの図面はどうなっているのか、ちょっと確認してみましょう。

…どうですか?

サンプル図面を見てみると、なにやら四角で囲まれているのが見えると思います。そして四角の下側には、色々と文字が書いてあります。

これは、図面枠と呼ばれています。

正式な図面とする場合は、必ずと言っていい程図面枠を使用することになりますので、ここで覚えておきましょう。

まぁお約束という訳で、今回は図面枠についての概要を少しお話しますね。

印刷範囲と紙マージンと

■印刷範囲の補足



すこし前に、縮尺と紙のサイズによって印刷可能範囲が変わる、という話をしました。覚えているでしょうか。

ここで、印刷可能範囲について、ちょっと気をつけなければならない点がありますので、補足をしたいと思います。

縮尺に振り回される設定

縮尺についてのお話しはこれで最後です。いやいや…少しばかり長かったですね。

さて…。

縮尺が変わることによって、各種設定にはどんなが影響があるのでしょうか。縮尺が変わっても変化のない設定と、縮尺にあわせて変更しなければいけない設定には、どんな種類があるのか。

今回はこの点について考えてみたいと思います。

このあたりの話は、今までの内容をきちんと理解出来ていれば、これは特に難しい話ではありませんので、さくっと覚えてしまいましょう。

オートキャドの縮尺設定

前回はオートキャド(AutoCAD)の基本的な縮尺の考え方についてお話しをしました。

今回はその続きとして、オートキャド(AutoCAD)で縮尺を設定する方法についてお話しをしたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ