表示画面を保存する方法

今回は前回の続きとして、「画層プロパティ管理の画面を出図したい」という質問に答える形で話を進めていきます。

画層プロパティ管理の画面を印刷する目的は、「画層の名前と色及び線種はこんなパターンでやっている」というのを他の人に知らせる為ではないかと勝手に考えています。

何人かで同じ物件を担当する場合など、そういった使い方をしたい場面というのは結構出てきますから。

具体的な方法としては、2種類の方法があります。

・画層一覧をテキストとして書き出す方法

・ダイアログボックスを丸ごとコピーする方法

どちらの方法も完璧とは言えないかも知れませんが、覚えておいて損のない方法です。

前回は画層一覧の書き出しについてお話ししましたので、今回はダイアログボックスを丸ごとコピーする方法についてお話しをしたいと思います。

画層一覧の書き出し

今回はちょっとパターンを変えて、頂いた質問についての返事という形をとりたいと思います。

頂いた質問の内容を抜粋すると、以下のような感じになります。

「画層プロパティ管理の画面を出図したい」

ダイアログBOXを出したくない

今回はダイアログボックスについて少しお話しします。

ダイアログ(対話)ボックスはオートキャド(AutoCAD)だけではなく、ウィンドウズの設定やワープロなど、幅広い範囲で利用されている機能です。

基本的にはダイアログボックス内に記入されている項目について、設定をする側が数値を入力したりチェックを入れたりします。

その後「OK」や「適用」などを押し、その時点でダイアログボックスに入力した設定などが適用されることになります。これは様々な場所で出てくる共通のお約束ですね。

その考え方はオートキャド(AutoCAD)でも変わらないのですが、少し変わった使い方も出来るんです。今回はその「変わった」使い方についてお話しをします。

具体的には「ダイアログボックスを出さないで設定する」という機能です。単純な機能ですが、色々な使い道がある便利な機能ですよ。

ファイル表示の切り替え

今回は図面の表示切り替えについてお話しします。シンプルな機能なので、説明もシンプルにいきたいと思います。

もっと簡単な数値入力

前回はオートキャド(AutoCAD)で数値入力を便利に使う為のお話しをしましたが、今回はその続きです。

数値入力の便利な使い方

今回はキーボードによる数値入力の方法について考えてみたいと思います。

オートキャド(AutoCAD)では正確な数値を入力して作図をすることが多いので、そういった数値入力の方法は色々と用意されています。そして、それらは実際の作図で使える方法ばかりです。

なので一通り読んでみて、もし知らなかった方法があったのなら、ぜひ一度使ってみることをオススメします。

寸法値の位置合わせ

今回は寸オートキャド(AutoCAD)の寸法設定の中から、法値の位置合わせについてお話をします。

寸法値の配置とあわせて、文字位置を決める重要な設定です。選択肢は3つしかありませんので、さらっと覚えてしまいましょう。

寸法値の配置を考える

今回はオートキャド(AutoCAD)の寸法設定で、寸法値の配置設定について説明しますね。

文字のサイズや色は前回の説明で設定していますので、あとはどうやって配置するかという設定です。

オートキャド(AutoCAD)に限らず、文字は向きによって読みやすさが結構変わりますので、できるだけ配置と位置には気を遣った方が良いでしょう。

寸法値の表示設定

前回までで「寸法線と矢印」タブの設定が完了しました。先は長いですが、とりあえず第一段階はクリアしたことになります。

ありきたりな表現ではありますが、千里の道も一歩からです。今までのように一つずつ寸法の設定を覚えていけば、オートキャド(AutoCAD)は必ずマスターすることができます。

やり続けるか、諦めるか。オートキャド(AutoCAD)を覚えようとする道の半ばでは、選択肢はその二つしかありません。

もちろん一休みするという選択肢もある訳ですが、一休みはあくまでも一時的なものですので。

せっかくオートキャド(AutoCAD)を覚え始めたのですから、できるだけ最後まで覚えきった方が良いと思います。途中でやめてしまうと、今までかけた労力がもったいないですよ。

もちろん、今まで苦労した経験が無駄になることはありませんので、見切りをつけることも大切ではありますが…。

このあたりはなかなか判断が難しいところですね。

円の中心線を作図する

前回は少々脱線してしまいましたが、オートキャド(AutoCAD)を使って仕事をしていると、本当に色々な経験をすることが出来ます。

時々はこうした体験をお話ししたいと思います。

今回はオートキャド(AutoCAD)の寸法設定に話を戻し、矢印の設定に続いて「円の中心マーク」設定についてお話をします。

この設定は今までの寸法補助線や寸法線、矢印の設定とは全然違うタイプの設定なのですが、寸法スタイルの修正を行うダイアログBOXでは、どういう訳かこの順番になっています。

寸法の見映えを左右する設定と言うよりも、非常に限定されたコマンドに対する設定という感じなので、寸法スタイル設定に入れなくても良いような気もします。

とまあ個人的な感想はここまでで終わりにしておき、設定の具体的な内容についてお話を進めていきましょう。設定の前に、まず紹介したいコマンドがあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ