「作図操作編」の記事一覧(3 / 3ページ)

円を作図する(CIRCLE)

線の次はオートキャド(AutoCAD)を使って円を描いてみましょう。

通り芯の端についている、通り芯番号を囲む円ですね。コイツらをまとめてバルーンと呼ぶ人もいます。

…が、そう呼ばない人もいると思うので、ここでは単に通り芯番号と呼ぶことにします。

線を引く(LINE)

さて、まずは画面上に線を引いてみることにしましょうか。

どんな種類の図面であっても、オートキャド(AutoCAD)を使って新しく作図をするなら、とりあえず線を引かなければ始まりません。

作図したものをコピーできるのがオートキャド(AutoCAD)の特徴ですが、それ以前の話として、画面上に何もなければコピーも意味がありませんから。

線分コマンドのスペルはLINEです。

初期設定の短縮コマンドではLが割り当てられています。これはあえて変更する必要はないでしょう。直感的ですし、1文字なので押しやすいです。

ちなみに、これからしばらくの間説明するコマンドは使用頻度が非常に高いので、短縮コマンド、しかも押しやすいキーに割り当てることをオススメします。

この後しばらくは、私のオススメする(というか現在私の使っている)短縮コマンドのキー割り当てをコマンド毎にお話ししていこうと勝手に思っています。

もちろん私のやり方が完璧という訳ではないので、全てを同じにする必要はありませんが、参考程度にはなると思います。「これは違うんじゃない?」とかツッコミを入れつつ聞いてくださいね。

…で、まずは線ですね。

手順毎に項目を区切った方が分かりやすいので、ここでは①から順番に説明していきます。

作図系コマンドを覚える

ようやくこれから、オートキャド(AutoCAD)を使って実際に作図をすることについてお話しをすることが出来そうです。

…本当にやっとです。

どうも色々と話が横にそれていってしまい、本筋が進まないような状況になっていますね。

でも、そうして横道にそれた話も無駄である訳ではありませんので、出来ればしっかりと読んで頂きたいと思います。

で、いよいよ実際にオートキャド(AutoCAD)を使ってコマンドを実行する訳ですが、その前にコマンドについて少し考えてみましょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ