縮尺の考え方について

図面を作図するにあたって。とりあえず始めにしなければならない作業はいったい何でしょうか。

という点についてちょっと考えてみましょう。

ちなみにパソコンの電源を入れるとか、椅子に座るとか、そういうヘリクツ系の話じゃありませんからね…念のため。







どうですか?

答えは…実際は色々あります。が、始めにやる作業の中でも、これだけは作図前に必ずやっておかないと後が大変、というモノがあります。今回はそのお話をしたいと思います。

それはズバリ、縮尺の設定です。どうやって図面の縮尺を決めるのか、そしてどうして先に設定しないと後が大変なのか?など、色々な疑問があると思いますので、順番に説明していきますね。



■紙サイズの確認



縮尺の話をする前に、紙のサイズについてもう一度確認しておきましょう。

図面は紙に印刷して使いますから、どの程度の大きさに印刷するのかを知っておく事が、縮尺の考え方を理解する近道です。

図面はA1サイズの紙を使用するのが一般的ですが、完全に標準という訳でもありません。業種によってはA2だったりA3だったりします。ひとまずA4まで覚えておけば大丈夫でしょう。

大きさは以下の通りです。単位はミリとしています。

A1:841×594

A2:594×420

A3:420×297

A4:297×210

紙のサイズについては【図面で使用する紙について】で既にお話ししていますので、ここではこの辺にしておきますね。

■縮尺の考え方



縮尺についての考え方は、オートキャド(AutoCAD)に限らずややこしいことになりがちです。…が、特にオートキャド(AutoCAD)はメンドクサイと思われています。

オートキャド(AutoCAD)を毛嫌いする人(結構多いです…)は、大抵この縮尺の考え方が気に入らないと思っているようです。自由度が高いので、なかなかとっつきにくいのは確かですが…。

でも、一度覚えてしまえばなんてことない話ですし、結局は避けて通れない項目ですから、ちょこっと気合を入れてマスターしてしまいましょう。

それでは…。

先程もお話ししましたが、図面は通常、紙に印刷して使います。

紙のサイズはそれほど大きくないですから(A1でも841×594)紙よりも大きなモノ、例えば建物などは、実際の大きさよりも縮小しなければ全然入り切りません…

縮尺の考え方は、まずそこからスタートします。大きなモノを小さな紙に収める為に、実際よりも縮小するということです。これが縮尺の基本的な考え方です。

とは言っても、適当に縮小なんかしたら使いモノになりません。図面はスケール(定規のことです)をあてれば大きさが判るように描くことが基本ですから。(←重要)

なので、縮小する比率は1/10とか1/50とか1/100とか、キリのいい数字にする必要があるわけです。

では、何をもってキリがいいと呼ぶのか。それは図面に関わる人のほとんどが持っている、三角スケールと呼ばれる定規によって決められます。

物によりますが、通常三角スケールには1/10・1/20・1/30・1/40・1/50・1/60の6種類のメモリが刻まれています。中には1/40の代わりに1/25が入っていたりしますが、それ以外はあまり変わりません。

ですからその縮尺がキリのいい縮尺という訳です。ちなみに1/10は1/1とか1/100にも使えますから、そう考えると結構色々な縮尺が使えることになります。

余談ですが、以前私は1/70とか1/150とかの「微妙にキリのいい縮尺」で図面を作図し、「へっ」と失笑を買ったり「こんなの図面じゃない」と言われたりした事があります。

やはり、実際に図面を見て使う人達は、実用的じゃない図面に対しては厳しいです。ホントに。

と…ここまではいいでしょうか。まとめると以下のようになります。

・作図を始める前にまず紙のサイズと縮尺を決める

・紙サイズよりも大きな対象物を作図する為に縮小する

・縮尺はスケールで計れるキリのよい数字とする

言葉だけで説明するのは結構ツライものがありますね。本来、と言うか今までなら、目の前で実際にやって見せて、それでも相手に首を捻られる場面ですが…。いかがでしょうか。

とりあえずここまでで、なぜ図面に縮尺が必要なのかが理解出来たかと思います。

考え方が理解できたら、次は実践ですね。ちょっと長くなったので、縮尺の設定方法については次回にお話しすることにしますね。

<< トップ >>
サブコンテンツ

このページの先頭へ